読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小島だったり枝豆だったり

Lycee Overtureについてつらつらと。

リセフェスタ岡山雑感

お疲れ様です。小島です。

日曜にリセフェスタ岡山が開催されました。

今回も1敗ライン以上のデッキレシピを見ていこうと思います。毎度の自己満記事ですがお付き合い頂ければ。

今回は全勝者がおらず、5-1ラインが5人という結果でした。

 

 

1位:lazyさん 日単

f:id:Kojima:20170426205606j:image

リセフェスタ名古屋に引き続き、今回も優勝は日単デッキでした。

EX1以下は15枚。トレンドの《玉藻の前》・P《フランシス・ドレイク》セパレート型ですが、《坂田金時》・R《フランシス・ドレイク》が最大投入されている代わりに2枚程度入っていることの多い《タマモキャット》が1枚になっています。

4投はどちらも強力なカードですが日単ミラーマッチでより活躍しやすいので、同型を意識した構成と言えると思います。

終戦で後手を捲れず負けてしまったものの相手も日単で、FGO環境の暫定王者である日単の地位は変わらずといったところです。

 

2位:Ryo617さん 日単

f:id:Kojima:20170426205526j:image

このような《割り箸》《カルデアス》両取り構成の日単は以前の公式大会上位では見なかった気がします。

f:id:Kojima:20170426150617p:image

代わりに定番の《玉藻の前》が入っておらず、ブン回りパターンが減った代わりに相手の動きそれぞれへの対応策を手にした対応型のデッキレシピと言えます。

数枚変わっただけでがらっと印象が変わるものです。

 

3位:ギヤさん 日単

f:id:Kojima:20170426205236j:image

こちらも2位のデッキとほぼ同じ構成、具体的には1積みの《アトラス院制服》が《アン・ボニー》になっています。

日単使用者9名中《割り箸》採用はこのお二方のみで、どちらも入賞していることからこのデッキタイプの高いポテンシャルが伺えます。

従来の《玉藻の前》採用型に加えて頭に入れておかなければいけなさそうです。

 

4位:Masakiさん 花単

f:id:Kojima:20170426205212j:image

この方のみ1回戦の結果が書いてありませんが、開始時間を間違えての不戦敗スタートだそうです。それにも関わらず対人全勝で入賞。お見事です。

構成も流行りのものとはかなり違う部分が多く、非常に興味深いものになっています。

花単における貴重な相打ち要員である《アレキサンダー》が入っておらず、《シュヴァリエ・デオン》《マスター契約》さらになんと4枚の《令呪》が投入されています。これには3つの理由が考えられます。

  1. 相性上不利とされている宙単デッキのアタッカーが相打ちを狙いにくいものが多く、相打ちキャラでは腐りやすいためSPで止める方向性にした
  2. 相打ち要員にしかできない仕事はあるものの、デッキ内で同じ役割のカードが少ないのでDFキャラの一貫性を保ちやすくするために他のカードにした
  3. 上記の理由により盤面6体の維持が優先になるので、序盤の展開を阻害しリソース交換が必須になってしまう《カルデアス》を減らし代わりの詰め手段としての《令呪》を投入した

よく言われるデッキ相性に抗い宙単を克服しようとした意思が見て取れます。《マスター契約》も宙単の《カルデアス》採用枚数が少ないことが多いのを見越して採用されたように思います。

f:id:Kojima:20170426150339p:image

その執念が実り5戦中3回宙デッキを下し、4回戦ではリセフェスタ2回入賞の強豪「楓月」さんの練り込まれた宙単を撃破しています。宙単を克服したい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

5位:寿司道楽さん 宙単

f:id:Kojima:20170426205157j:image

最大勢力だった宙単でしたが、入賞ラインに残ったのは1名のみでした。

こちらはリセフェスタ名古屋でも入賞していた、《呂布奉先》《カルデアス》多めの宙単です。

このタイプは日単に対する回答が多く、やや不利と言われる中でも五分に近い立ち回りができるでしょう。

代わりにEX1の優秀なAP5ブロッカーが減っているので一般的なタイプよりも花単への圧倒的な相性は感じなくなっています。

メタゲームによって取捨選択できる部分なので、宙単ユーザーは考慮しておくべきかと思います。

 

[Pick Up]6位:きよはらおさん 雪花

f:id:Kojima:20170426205137j:image

2敗ラインにどうしても無視できないデッキレシピがあったので取り上げさせて頂きます。

この方は6戦中4回日単に当たったうち3回勝利を収めており、入賞者も2回潰している日単キラーです。

最大の特徴は4種計14枚の《マシュ・キリエライト》でしょう。全てネームによりST《クー・フーリン》の恩恵を受けることができます。

f:id:Kojima:20170426150228p:image

これによりDFの単純な堅さはトップクラスで、日単はSR《ネロ・クラウディウス》《タマモキャット》が無いと突破困難です。

そのうえで雪特有の除去付きキャラで突破キャラをピンポイントで破棄されると雪花DFキャラのAPの低さも相まって打点が全く通らなくなります。

ダメージを稼ぐ以外で打点レースでズルができるのは宙のオーダーステップくらいなもので、このデッキは複色ならではの堅さと除去でそれを狙っています。

 

 

【総評】

最大勢力だった宙単を抑えて日単が1〜3位を独占しました。2敗ラインには大量の宙単が蠢いているのでポテンシャルは申し分無いはずです。

相変わらずの安定性と爆発力で3強の中でも頭ひとつ抜けている日単ですが、相性が良さそうな雪花が表舞台に出てきたことでトーナメント途中で躓くこともありそうです。

花単は宙単を意識した新基軸のレシピが世に出たため再び研究が進みそうです。

 

 

以上、リセフェスタ岡山の雑感でした。

こうした文章を書いていると自分自身は楽しんでいますし楽しみにしてくれている知り合いもいるようですが、他の方のように面白い文章は書けない人間なのでその辺はご容赦願います。

 

それではまた。